デブ菌とは?

デブ菌?そんな菌があるの?と思うかもしれませんが、腸内フローラの中のデブ菌(ファーミキューテス菌)という腸内細菌が肥満の原因となる可能性があると言われています。

なぜならデブ菌は消化されたものを体内に溜め込んでしまう性質があるからです。

こんな研究結果があります。

肥満体型の人に痩せ体型の人の腸内細菌を移植するとどうなるか?

腸内フローラと肥満との関連性を解き明かすための実験ですね。

結果は、なんと肥満が解消されたということです。

逆の実験も行われています。

肥満体型の人の糞便を正常な体重だった人に移植したらどうなるか?

糞便をほかの人に移植っていう発想がすごいですが・・・(よく引き受けましたよね)。

結果は、みるみるうちに肥満になってしまったということです。

恐るべしデブ菌。

まとめると肥満体質、いわゆる「太る体質」というのは腸内細菌が大きく関わっている可能性が考えられるということですね。研究では肥満の人はある種類の腸内細菌が少ないということがわかっているそうですよ。

腸内フローラは食事で変えられる?

腸内フローラ(腸内細菌叢)は食事で変化するという報告もあります。ではどれくらいの日数がかかるのか気になりますよね?

なんと腸内細菌叢は一日足らずで変化するそうです。

やり方は食事を動物性食品から植物性食品に切り替えるというもの。動物性食品は肉、卵、チーズなど、植物性食品は穀物、豆類、野菜、果物などですね。

また、腸内細菌叢は食物繊維を好むので、食物繊維が多く含まれていてバランスのよい食事をすることが良いようです。普段から心がけておきたいですね。

ダイエットとの関係

ダイエット方法のひとつとして低炭水化物ダイエットがありますが、腸内フローラに良い影響を与えないそうです。

理由はタンパク質や脂質が多くなるから。

ダイエット中に食べ過ぎは禁物ですが適度に炭水化物をとる方が腸内フローラに良い影響を与えるそうです。

糠漬けやみそ、納豆など発酵食品を摂るのも腸内フローラを改善するのに役だつので、必ず一日に一度は食卓に出すなど工夫すると良いですね。

MIHARUの乳酸菌は効果にこだわった乳酸菌サプリメントです。

© 2016 腸内フローラ rss